韓国初の(!?)ゾムビ映画!ちょー最高でした!!ゾンビ特急釜山行!!
個人的評価:★★★★★★★★★★☆ 90点
TrainToBusan
2017年夏公開/115分/韓国/映倫:G
原題:부산행
英題:TRAIN TO BUSAN
監督:ヨン・サンホ
出演:コン・ユ、マ・ドンソク、チェ・ウシク、チョン・ユミ

オチまでネタバレしちゃってるので未見の方は読まないでください!

輸入盤を自宅鑑賞。『アイ アム ア ヒーロー』の韓国版(?)みたいな噂から興味を持って観たのですが……いや、こっちのほうが全然スゴイでしょ!って感じでした(比べる必要もないですが)。とにかくメチャクチャ面白かった!またまとまりのない感想をダラダラと書いてます…。

TrainToBusan3
肉喰わせろ!な表情がとても良い。

あらすじ

普段は仕事ばかりで娘にかまってやれない主人公・ソクは、妻と別居しており疎遠状態。娘・スアンの誕生日にプレゼントをあげるものの、すでに持っているWiiを買ってきてしまう…。娘のことをちっとも見れていないダメなパパ。そんな父親に対しスアンは「母親に会いたい」とせがみます。ソクは(プレゼントに失敗した)後ろめたさからか、娘のため二人が住むソウルから釜山へと向かうことに。しかしその頃、街では感染した者を凶暴化させる謎のウイルスが蔓延し始めており、親子が乗った”釜山行き”のKTXにもひとりのゾンビ少女が乗りこんでいた…。列車の中でどんどん増殖していく感染者たち…。もはや安全な場所は釜山しかないのだ!親子は無事に生きて辿り着けるのか!?

TrainToBusan23

感想

最高。自分が今年観た新作の中では一番好きかも。全体的にずっと面白かったんですが、描写がアドレナリン全開なのでボーッと見てても楽しめると思います。意味が分からなかったりモヤモヤするようなこともなく、何も考えずとも勝手に全力で楽しませてくれるような映画です。楽でした(笑)。

ストーリー展開が面白いし演出の吸引力も凄まじくて、終始引き込まれていた感じです。ダルい場面もほぼなくずっとハラハラドキドキで、ホントに楽しくて、二時間があっという間。『釜山行き(原題)』なので「釜山に行くんだろうなあ…」とは思っていたんですが、釜山に行くんですよね、うん…。目的は釜山へ行くこと!生きて釜山へ行くこと!そこの単純さも超イイ!

個人的には結末にヤラれました。観る前はまったく予想していなかったんですが、しっかりキッチリ泣かせてくれます。お涙頂戴っぽい映画って苦手なんですけどね、オチのつけ方は…ぶっちゃけお涙頂戴だと思いましたよ~(笑)。本気で泣かしにかかってます。けど、「泣け!ほら!泣け!」っていうような観客に対しての押しつけがましさはあまり感じなかったし、まったく不快じゃないというか好きな見せ方でした。なんていうか…上手い。結末以外もすごく楽しい映画なんですが、うーん、やっぱりオチのトンネルが最高すぎて…!

TrainToBusan9

とりあえずアバンタイトルから不穏でイイ感じだし、ゾンビが登場してからはニヤニヤしちゃうことの連続。とにかく分かりやすい。あと、緩急のつけ方も上手かったと思います。映画が始まって15分くらいで列車は出発し、そこから基本的には全力疾走でノンストップな展開ですが、要所要所でしっかりとしたタメもある。しかし勢いのあるテンションはまったく緩めず、むしろガンガン加速していく感じ。乗り物パニックものとしても面白いと思います。KTX発車直前に「すでに何かが始まっている」ということを見せるのも丁寧だなあと思いました。もう褒めるシーンしか思い浮かばないくらい好きですわー。

「ちゃんと臓物見せろ!」とか「サービスおっぱいは?」とかいうゾンビ映画に求める個人的な願望もどうでもよくなりましたよ…。面白すぎて。

(なんか褒めすぎると「たいしたことなかった」とか言われそうで怖いけど)

TrainToBusan11

ぷぎゃーーー!!!!

TrainToBusan8

ゾンビは走るゾンビでした。表情に腹ペコ感があるし「喰うぞおおお!」って感じがすごく良い。みんなとにかく元気イッパイだし、なんとなく活きのいいトビウオみたいな動きしてましたよ。ちなみに、”ゾンビ”という言葉は一度も出てこなかったと思います、たぶん。

デジョン駅に群がるゾンビ軍が、もう最高で…。ガラスなんか突き破ってボンボン降ってくるし、腕がぐにゃんぐにゃんになっても食欲旺盛。軍隊ゾンビの山盛り状態も見せてくれたし画的にも楽しかったです。

人体破壊描写は控えめだったと思います。派手な血しぶきもないし、臓物引きずり出すような目を覆いたくなる残酷シーンもありません。おそらく大衆娯楽としてのゾンビ映画を製作したのだと思うので、そのへんはしょうがないのかなと思います。個人的にはそういう過激な描写があったほうが嬉しかった気もしますが、そのぶんゾンビの動きはパッキパキだし、テンポの良すぎる勢いもあって、まあ、あんまり気になりませんでした。誰にでも薦められそうな映画であり、よくできた娯楽エンタメって感じの印象が強かったです。

TrainToBusan24

パニック映画のお約束といえると思うのですが、非日常的な緊急事態に陥ったことでそれまで信じていたものが無力化してしまうところもちゃんと描かれていました。逆に、思いもよらぬものが役だったり…。そのため主人公は両腕にガムテープを巻いて死に物狂いでの戦闘に身を投じていくことになるのです。

ゾンビの設定は、分かりやすかったと思います。まず、明るい場所では視覚を頼りに動くものに攻撃してくる、それが暗闇になると視力が弱いのか音に反応してくる、という感じ。俊敏性はありますがパワーは弱めだったと思います。なので、頑張れば素手でも対抗できると。

TrainToBusan15

デジョン駅で乗客たちは一度下車することとなるのですが、軍隊がすでに壊滅しておりゾンビ軍団となっていたため、再び同じKTXに乗車します。しかし、お互いの大事な人と離れ離れになってしまう。3人が飛び乗った車両は9号車。スマホで連絡を取り合い、スアンたちが13号車の洗面所に非難したことを知るが、周りにはゾンビがうようよいて身動きが取れない。そんな彼女たちを救出するために男たちは簡易武装で立ち上がるのでしたー。

作戦の内容は、とりあえずゾンビをやっつけながら13号車に向かい、その後、ゾンビをやっつけながら安全な15号車まで逃げるというもの(超単純)。

これから闘いに向かう前の戦闘準備って映画でよく描かれると思うんですが、こういうシーンあると個人的には嬉しいんですよねー。「もうやるしかねえぞ!」みたいなピリピリした空気感が最高だし、バラバラに行動していた3人の男たちがひとつの目標に向かって協力し合っていくこの感じ…アガる。

時間がないから手元にあるものを利用して急いで武装するんですが、マ・ドンソクは素手でゾンビとやりあうんですよね、かっこよすぎました。途中、野球部の青年はゾンビになってしてしまった元野球部のチームメイトと対峙し、彼らを攻撃できない葛藤などを乗り越えて成長していきます(逃げてたけど)。

アメリカ産ゾンビ映画とは違って列車での攻防には銃が登場しません。それが作品の個性を際立たせていたような気もしました。基本的に、ゾンビは殴打でやっつけます。殴って蹴ってバットでぶっ叩く。または、見つからないように逃げる。車輌にいるゾンビをぶっ倒して次の車両へと移動していくんですが、微妙に難易度がアップしていく展開はなんとなくゲーム的で面白かったです。

TrainToBusan20

マ・ドンソクがすごく良い。スアンを助けるためにゾンビを撃退する一発目のエルボーからそうなんですが、主人公のソクとは対照的な描かれ方をしていたと思います。自分の犠牲を顧みずに他者を救う存在。ソクはデジョン駅の攻防から徐々に彼に影響されて(?)利他的な人間へと変わっていくのです。

ドンソク兄貴は妻との間に赤ちゃんを身籠っているのですが、「生まれてくる子供にまだ名前は付けてないんだよね~」という前フリがあり、そして死に際の一言に繋がるわけですが、もうね、泣く…。マ・ドンソクがマジでヤバい!超カッコイイ!ホント最高だし、好きだし、素敵だし、最高!

ゾンビになることを悟った際のこのなんとも言えない表情も素晴らしい!

The Host

ピョン・ヒボンのコレとか思い浮かびました。(『グエムル』の感涙シーン)

TrainToBusan10

「みんなで力を合わせて釜山へ行くニダ!絶対に死なないゾ!」

自分本位に他者を蹴落として生きてきた主人公が、他人を思いやれる人間へと成長していく物語だと思いました。職業はファンドマネージャーということで登場からなんとなく冷徹な雰囲気があり、見知らぬ老婆に席を譲ってあげる娘に対しても「こんな非常事態に褒められるようなことはしなくていい」と言い放ったりもする。中盤では軍の関係者に電話し、自分たちだけは隔離から逃れようとする身勝手さ。自分のことしか考えていない故の行動ですよね。

しかし、緊急事態なんだから「自分のことだけ考えてればいい」のではなく、緊急事態だから”こそ”見知らぬ他人同士が助け合わなければいけないんだ、ということにゾンビとの戦闘を経て目覚めていくのです。

TrainToBusan22

で、悪役のオッサンがすごくイイ、非常に醜いオッサンです…。本気で自分のことしか考えてない、自分さえ生き残れさえすれば他人が何人死のうが知ったこっちゃない、超絶利己主義的な男。登場した瞬間からメチャクチャ感じ悪いんですけどね、死ぬまでちゃんとクソ野郎でしたよ…。やることなすこと胸糞悪くて、生命力もゴキブリ並。死ね!死ね!

コイツさえいなければッ!ううう…泣。

「私がこんな人間なのには実は理由があって…」みたいな女々しい理由づけが最後までないのも良かったです。こういう人って現実社会にいっぱい存在しますしね。ゾンビも怖いけど結局一番怖いのは醜く愚かな人間なのでしょう…。キャラクターは皆それぞれ個性的で顔面力も素晴らしかったと思います!

TrainToBusan18

おばちゃん!顔!顔!(笑いと恐怖と感動が入り混じるシーン)

TrainToBusan7

この野球部員カップルも大好き。ゾンビになってもお幸せに~!

TrainToBusan4

浮浪者のおじさんは途中何度もみんなの足を引っ張っちゃったりもするんですけどね、最後の最後は男らしく生きる屍になっていきました…。彼の死にざまも泣きどころ。最終的に誰が生き残るんだろう?って予想をするのもパニック映画の楽しみのひとつですよねー、自分はそういうことを考える余裕すらなくひたすら映画に呑み込まれていきましたが…。

チェ・グィファ、すごくいい顔だ!

TrainToBusan13

その後、それまで乗っていた車線が塞がれていたために列車を乗り換えることになった一同。が、ゾンビに見つかっちゃってさあ大変!

『ショーン・オブ・ザ・デッド』みたいにゾンビの真似すれば助かったのでは…?なんてことも一瞬考えましたが、そんな映画オタクみたいなことは一切やりません!(てか、そういうの通用しなさそうな雰囲気)

列車に引きずられるシーンはかなりグッときましたよ。ゾンビだって団結するぜ!って感じで襲い来る大量のゾンビ軍団からは、とにかく「肉喰いたーい!人間の生肉喰いたーい!」っていう本能的な欲求がガンガン伝わってきたし、ここは震えがくるくらい良かった。ゾンビたちも頑張って生きてるんだなあ(死んでるけど)と思うと、彼らの協力プレーでうるっときそうで…。意図してやってるのかどうか分からないものもありましたが、後半は涙腺を刺激するシーンが多かったと思います。それに、瞬間的には『ワールド・ウォーZ』級のアレみたいな動きをしていたりして、かなり頑張ってました。ゾンビたちはメチャクチャ頑張ってた気がします!!

TrainToBusan12

燃え盛る列車を見て、この世の地獄みたいな心境に…。若干の終末感。

TrainToBusan6

そして、大ボス・背広のオッサンとのラストバウトへ。ソクとオッサンは取っ組み合いの死闘を繰り広げます。しかし、ソクは手の甲をオッサンに噛まれてしまいウイルス感染。オッサンは列車から振り落としたものの、このままではゾンビ化してしまい娘が危ない。そのため、人間である意識が残っているうちに娘と別れることを決意するのです…。

いつゾンビ化するか分からない状況なので時間もなく、去り際に多くも語らないのが逆にやばい…。幼い少女だし、ぎゃあぎゃあ泣き喚いて別れを拒むのもリアルだし…。ここのシーンもめちゃくちゃ良かったですよー。

序盤で「何かをするときは、何が何でも最後までやりきるんだぞ」という車内でのセリフがありましたが、父親にとってその結果がラストの行動だったんだと思います…。ゾンビのお食事パーティー映画を期待して観てみたら、最終的に描かれるのは家族愛でした。韓国スゴイわー、バイオレンスだけじゃない。そういえばこういうドラマ量産してる国でしたよね(全然見てないけど)。

TrainToBusan5

こんなのズルい…。もう、感動のゴリ押しですよー!!(良い意味で)

TrainToBusan19

そんなこんなでゾンビになった父親とは別れて、生き残ったスアンとチョン・ユミ(マ・ドンソクの嫁)はなんとか列車を運転しながら無事に釜山まで辿り着く…。しかし、トンネルの前で線路は封鎖されており、しかたなくトンネルの中を歩いて向こうまで行くことに…。このオチがすごく良い!

泣きそうになる瞬間は途中何度もあったのですが、涙腺崩壊したのはここ!

TrainToBusan16

まあ………スアンが泣きながら歌を歌うだけなんですが。(ネタバレ)

伏線っぽい伏線(前フリ的な)を序盤と中盤で見せているのですが、ボクは頭カラッポで観ていたので最後になって「あっ!ええっ!そういえば!アレか!うおおおおおお!」という状態に…。

ハッピーエンドともバッドエンドともいえない、このサジ加減がすごく良い。父親であるソクが列車を降りた時点で、個人的にはもう「ああ、終わった…」って感じで、娘はぎゃあぎゃあ泣いてるし、なんかもらい泣きしそうだったのですが、ここはなんとか我慢して(我慢する必要などまったくないが)、この話どうやって決着つけるんだろうなあと、いろいろ考えちゃったんですけど、後日談みたいな母子感動の再会シーンもなく、『アイ・アム・レジェンド』のような取って付けたようなナレーションもなく、「きっとお父さんにも歌声は届いてるはずよ…」みたいなサブいセリフもなく、ホントに良かったなあ…。ラストの切り方はすごく適切だった気がします。終わるポイントが最高。

トンネルの中をトボトボ歩いていく二人、先には軍兵が待ち構えており、上官からの射撃命令が下されるものの微かに聞こえる歌声に気づき「…人間だ!」ということで、確保ォー!確保ォー!

父親に聴かせたかった歌声で命を救われる少女。泣けるわー、もうダメ…。

TrainToBusan2

あと最後に、アバンタイトル最高。

もうここから大好きでしたー。韓国某所で謎の検問があり、業者がよそ見運転していたら鹿を轢き殺してしまう…。しかし車が走り去った後、鹿がムクッと立ち上がり、こっちを見たところでタイトル『부산행』ブゥワァーン!!!!

超カッコイイ。

コイツはすでにウイルス感染したゾンビ鹿。いきなり不穏な感じがして、もうたまらん。鹿の動きも(CG?)グネグネしていて薄気味悪かったですよー。よそ見して運転してるドライバー見てるとなんとなく事故りそうでソワソワしちゃうんですけど、気合いの入った韓国映画はだいたいちゃんと事故ってくれますよね(アレとか、アレとか…)。なのでもう冒頭から信頼できそうな映画だなあと思っちゃいましたね。音も好みだし。

Yeon Chan-heum

ヨン・サンホ監督の存在はまったく知りませんでした…。元々アニメーション出身ということで実写映画は初監督らしいのですが、「ここもっとこうすればいいのになあ…」みたいな部分もほとんどなかったし、映画としての完成度もけっこう高いような気がしました。なので次作も期待したい。とりあえず今は『ソウル・ステーション/パンデミック』が激しく観たい。本作の前日譚的な内容なんだとか…(よく知らないけど)。これも今年日本公開されるようなので楽しみ!!

邦題は”新幹線”と”新感染”をかけたオヤジギャグ的な、ダジャレですよね…。まあ、でもタイトルが何であっても面白いものは面白いし、邦題は見ただけで内容がすぐに理解できそうですし、良いと思いますよ、うん…。

TrainToBusan21

『釜山行き』の邦題が『新感染』だと知ったときの表情はこんな感じ…↑

TrainToBusan17

チョン・ユミから生まれてきたかったーーー!


↑予告