いけにえ映画狂い

外国映画の感想文。お気に入りシーン備忘録など。ネタバレしてます!

アクション

『カン・フューリー』感想。(劇場未公開)

超カッコイイぞ、カン・フューリー!80年代は最高だッ!ヒトラーを殺せ!!
個人的評価:★★★★★★★★★☆ 90点
Kung Fury
2015年05月22日公開(カンヌ)/31分/スウェーデン/映倫:---
原題:KUNG FURY
監督:デヴィッド・サンドバーグ
出演:デヴィッド・サンドバーグ、ヨーマ・タコンヌ、スティーヴン・チュウ、レオポルド・ニルソン、アンドレアス・カーリング 

いやーーースゴイ。ほぼ何も知らずに観ました。けっこう前の映画ですが…。動画は下に貼ってあるんで未見の方は(いないか)観てみてください↓↓



あらすじ

発端は一年前のことだった。警官であるカン・フューリーは相棒のドラゴンと共に謎のカンフーマスターを追っていた。ところが犯人を逮捕して気を緩めたドラゴンは一瞬でぶった斬られ殺されてしまう。ドラゴンはカン・フューリーにとって父親のような存在だった。許せん…許せんぞ!怒りに燃えた彼はカンフーマスターに銃を向ける。しかし、引き金を引こうとしたその瞬間、落雷の直撃を受けて気を失ってしまう…。意識を失った際に見た光景、それは少林寺でカンフーに励む僧侶たちの姿だった。目を覚ますとカン・フューリーの肉体は変異し、そこにはカンフーの精神が宿っていた…。なぜなら彼は選ばれし者だったからだ。相棒を殺されて悲しみに暮れるカン・フューリー…。その時、彼は誓った。超カンフーパワーで犯罪と闘うことを。

Kung Fury05
彼の名はカン・フューリー。世界一の警官だッ!!

感想

最高すぎ!!!!!!!ありがとうカン・フューリー!!!!!!!!

映画ってわけわからなくてもいいんですよね、面白ければ!という超当り前なことに気づかされたというか再確認させてくれるような映画でした。とにかく面白すぎ。むっちゃ好みですよー、こういうの。荒唐無稽で素晴らしい。超絶おバカな映画だコレは!感動した!全編にハイテンション!良い!好きだッ!

Kung Fury01

舞台は1985年、マイアミ。街は荒れ果てていた。殺しが日常と化したこの街では警官さえも無力だ…。そんなある日、ゲーセンで「クソゲー」と罵られたゲーム機が暴れ出す事件が発生。駆けつけた警官はなす術もなく殺人マシーンの餌食となってしまう。

ということで、冒頭から超スゴイ展開。ゲーム機(筐体)がトランスフォームして人を襲い始めます。連絡を受けたカン・フューリーはカウンタックに跳び乗って現場へ急行。そしてゲーム機とのおもしろバトルに突入し、月をバックに成層圏で殴り合いコイツを撃破…。もうね、こんなこというとアレだけど…ツッコミどころ満載ですよッ!見てて叫びだしたくなった(笑)!

クソゲーに文句垂れただけで頭部をぶっ飛ばされるガキ!素晴らしいぞ!

Kung Fury11

車に乗るだけでも超変だし、いちいち面白いことやろうとしてる感じ。普通のことしてもつまんないから異常なことやろうぜ!っていう精神かなー(笑)。まあ、そんな感じの世界観です(どんな感じだ)。「なんだこれ!?」と思う部分はすべて面白味といってもいいかもしれない。

なぜ相棒が半分恐竜かって?そのほうが面白いからだッ!的な。退屈なシーン一切なし。なので至福の30分でした。最高に濃密。面白いシーンだけがギュッと詰まってる感じ。「ありえねー!!」の連続です。とにかくスゴイ。

Kung Fury06

相棒のドラゴンが殉職したため、一匹狼になったカン・フューリー。しかし、署の規則のため新たな相棒と組まなければならない。で現れたのが、半分人間半分トリケラトプスのトリセラコップ(すげえ)!ファンタジー要素も充分!

「こんなヤツと組めるかよ!オレは警官を辞める!」

カン・フューリーはアッサリ辞職しようとする…。しかしそんなとき、現代にタイムスリップしてきたヒトラーに署長が撃ち殺されてしまう(ここは電話の使い方がスゴイ)。正義の人カン・フューリーはこれに激怒。「許せんッ!」ってことで最強のハッカーであるハッカーマンと共に調査を開始。手がかりである電話番号を逆探知したところ犯人がヒトラーであったことが判明する…。

Kung Fury02

ヒトラーが時を越えて現われた目的は、”選ばれし者”を抹殺するためだった。

1940年代、ヒトラーはカンフー王者だった(後に名前をカン・フューラーに改名…したらしい)。最強の座を狙うため、何年もの間ナチスで人体実験を繰り返すヒトラー。が、ついにはカン・フューリーの技を習得できず、突然消息を絶ってしまう。だがしかし、ヒトラーはカン・フューリーになることを諦めてはいなかったのだ…。

一子相伝的なやつなんでしょうね、たぶん。

Kung Fury14

ヒトラーの企みに気付いたカン・フューリーは、計画を阻止するため奴を抹殺することを決意する…。カン・フューリーのいる時代は85年。ということで、ハッカーマンの発明したタイムマシンで過去へとタイムスリップすることに(キーボードに乗ってスケボー感覚で)。

Kung Fury08

ビジュアルも画質も音楽も80年代テイスト!

Kung Fury15

そして無事タイムワープに成功!…かと思ったらトラブルのためにバイキング時代へとやってきてしまう…。さらに、到着早々レーザーラプターに襲われるハメに…。「クソっ、戻りすぎたぜ!」とか言ってるカン・フューリー。

もう面白すぎて、言葉が出ない。ニコニコしちゃう展開の連続!

そんな時、タイミングよく現われるヴァイキングの女。彼女に命を助けられて事なきを得たカン・フューリー。それから忠告に従い谷から非難し事情を説明したところ、「じゃあ、あの人に頼めばいいんじゃね?」ということで、雷神ソーを紹介してもらい、なんとか目的の時代へ行けることに。ちゃんとお礼にデカい携帯電話をプレゼントするところはさすがだ!バーバリアナ様も素敵!

Kung Fury04

で、ついにクライマックスです(全編クライマックスみたいな内容だけど)。最大の見せ場はナチスとの決戦シーン。ここもちょー最高!

恐竜、ロボット、半獣人、バイキング美女、雷神ソー…という濃すぎるメンツが大集合。さらに主人公がカンフー警官で敵がナチスなので、ものすごく濃厚な画面です。マジでいろんな要素ぶち込んだ闇鍋状態なんで、まあ見てるだけで幸せな気分になりますよ。ともかく、ナイスでイカすゴキゲンな仲間たち。ここからはこいつらがナチをバッタバッタと殺害しまくる…だけかも(笑)。

見せ場の連続っていうか、もう止まらないハイテンションっぷり。敵は基本的に雑魚しかいないので、殺される要員という感じ。とにかく爽快な人体破壊のオンパレードだし、悲壮感はゼロ。やってること滅茶苦茶なんだけど、キャラはそれぞれ信念持って行動している気がするし、そこもイイ。ナチ皆殺し映画の傑作だと思いますよ、個人的には。

登場人物みんな好き。なんでだろ…。アホっぽいからかな(褒めてる)。

Kung Fury12

後半の決戦シーンで個人的に大好きだったのは、カン・フューリーがガンガンナチ兵をぶっ倒していくこのシーン。格ゲー(横スクロール型)のパロディをやってるんですよねー、たぶん。敵の動き方なんかも相当意識していると思います。画面がなんとなくスーファミっぽいし、ここは90年代かも…。

奥行きがほとんどなくて、奥に群がるナチ兵達は完全にモブに徹しているのが面白かったです。あと、ここでもけっこう残酷な殺し方しているのが笑えました。首蹴り千切ったり、首捥ぎ取ったり…とにかく首!やっぱ生首量産タイプの殺人鬼が一番わかりやすくてサイコーっすね(個人的には超好みです)!

カン・フューリーの動きもキレッキレで良かったと思う!カッコイイし!ナチ兵をスケボーにしてスイスイ滑ってバラバラにした後ヌンチャクにするのとか爆笑!!!!!!!!発想が狂ってる!!!!!!!!

Kung Fury13

終始ギャグが炸裂してました。タンクでナチを叩き潰して「Tank you」とかゲーム機を破壊して「ゲームオーバー」など、トドメの際の捨て台詞も秀逸。基本的に殺人はほぼほぼ全部ギャグ。「気骨が足りん。”骨抜き”だ!」で脊髄ごと頭を引っこ抜くシーンが一番好きかなー。声も最高にシブイっすね!

捨て台詞はシュワルツネッガーを意識してると思う。絶対そう!

Kung Fury16

しかし、最強すぎるカン・フューリーも機関銃には勝てなかった。ヒトラーに撃ち殺されてしまうのです…。死後の世界はアニメーションで表現されます。

死亡した途端にカン・フューリーは突然アニメ化され、スーパーカーに乗ってコブラとカーチェイス。しかも、だだっ広い砂漠の真ん中で…と思ったら次は場面が転換し、デジタル?宇宙?に移動して、テレポーテーションして天国へ到着………………書いてても意味が分かりませんが、たぶん見れば状況は理解できると思います(できないかも)。なんかのゲームが元ネタなのかな。

Kung Fury09

人の好さそうな善コブラ(神様?)と出合うカン・フューリー。状況を説明してくれるコブラ。一刻も早く現世に戻りたいカン・フューリー。それはムリだと言うコブラ。「ふざけんな!オレは警官だぞ!公務執行妨害だ!法を犯している!殺す!」ってことでコブラを蹴りつけてやっつけたら、なんとカン・フューリーが甦っちゃう…って、なんじゃそりゃ!と思ったら、ハッカーマンが傷の手当てをしてくれてたんですね。いいやつだなあ。

で、目が覚めたカン・フューリーは、ヒトラーのチンコをぶん殴ってバーン!
ぶっ飛んだヒトラーが地面に倒れたところをソーがハンマーでペッシャンコ!

「跡形も無いな…。」よし、任務完了!世界から脅威は去った…かと思われたのだが、現代に戻ったカン・フューリーはデジャヴを感じ気づいてしまう……ヒトラーがまだ死んでいなかったことに!!

おしまい

Kung Fury10

『マイアミ・バイス』、『ロボコップ』、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』、『ターミネーター』等々のパロディがテンコ盛りの超絶80年代ムービーでした。もちろんVHSを感じる瞬間も。全編が80年代への愛情で満ち溢れていて、もう大感動&大爆笑。作り手側の「オレはこれが好きなんだ!これがやりたいんだよ!」っていう熱い想いをガンガン感じる良い映画だなって思いました。好きなもんブチ込んだ上でちゃんと面白くなってるから、そこがスゴイ。個人的には大傑作。スウェーデンにも中学生みたいな監督がいたんですねー。

続編やるのかな?やんないのかな?わかんないけどやってほしい!!

「お前泣いてんの?」「泣いてないよ…」「泣いてんだろ!」「泣いてないってば…」ということで、最高だったぞカン・フューリー!!!!

Kung Fury03

まだまだ見たいよー。2シーズンくらい見たい。

Kung_Fury
ポスターデザインも超かっこよかった!!


『バーニング・オーシャン』感想。

世界最大級の「人災」と言われるこの事故はなぜ起こったのか?
施設内に残された126人の運命は?
個人的評価:★★★★★★★☆☆☆ 70点
Deepwater Horizon
2017年04月21日公開/107分/アメリカ/映倫:G
原題:DEEPWATER HORIZON
監督:ピーター・バーグ
出演:マーク・ウォールバーグ、カート・ラッセル、ジョン・マルコヴィッチ、ジーナ・ロドリゲス、ディラン・オブライエン、ケイト・ハドソン、ダグラス・M・グリフィン、ジェームズ・デュモン、ジョー・クレスト、ブラッド・リーランド、J・D・エヴァーモア、イーサン・サプリー、トレイス・アドキンス、ジャストン・ストリート

当時ニュースで見た記憶はあるんですが「なんか海面に石油が漂ってたな…」程度なので、まあ、詳細はほとんど何も知らずに観た感じです。

ここが好きとか嫌いとかダラダラ書いてるだけの感想文。ネタバレしてます!

Deepwater Horizon01

あらすじ

メキシコ湾沖80キロメートルにある石油掘削施設「ディープウォーター・ホライゾン」で、海底油田からの逆流によって上昇した天然ガスへの引火が原因で大爆発が発生。現場で働いていた作業員126人が施設内で足止めを食らう。事故により多数の行方不明者と負傷者を出す大惨事となり……。
(以上シネマトゥデイより)

Deepwater Horizon08

感想

いやー、めちゃくちゃ面白かったです。好き。2010年にメキシコ湾で起きた原油流出事故を元にした実録モノ。「なぜこんな事態になったのか?」という惨事に至るまでの過程と、そこからの生還を描いた話。

アメリカ史上最悪の人災らしいですね(よく知らないけど)。

実際に起きた事件ですし人も亡くなっているので「面白い」とか「楽しい」とか不謹慎に思われそうだから若干言いいずらい気もするけど(まあそんな映画いっぱいあるし気にしなくてもいいか)、最初っから最後まで退屈せずに楽しめましたよ。上映時間もちょうどよかったと思います。長さは感じなかった。

Deepwater Horizon14

最大の見せ場は、事故が起きてバーニングする瞬間。もう観る前から大惨事が起こってしまうのは知っちゃってるんですが「いったいいつ起こるのか!?」って部分でかなりワクワクできた気がします。ここの部分でわりと長めに引っ張っているんで、正直ちょっと前半は間延びしている印象もありました。けど個人的には「いい焦らし」だったなと(笑)。事故が起こりそうで起こらなかったりするんで、そのへんの焦らし加減が好きでした。今か今かと待ち続けて「来るぞ来るぞ………キターーー!!」って感じ。大噴射!大爆発!最高!!こういう部分もパニック映画の醍醐味なんじゃないかなーって思います。

『バトルシップ』みたいな荒唐無稽な展開よりは、事実を忠実に再現することを優先していた印象です。前作『ローン・サバイバー』に続いて硬派な作り。多人数をガシガシ捌いて魅せていく演出は『キングダム/見えざる敵』なんかも思い出しました。本作も脚本は同じマシュー・マイケル・カーナハン。

Deepwater Horizon11

上映時間ちょうど半分くらいで作業員たちが事態に気づき、その後30分ほどはよく見る災害現場の地獄絵図。けっこう血まみれだったし、ちゃんとしてた。痛そうな足も見せてくれたし満足です。映倫Gだしグロってほどではない…。起承転結がハッキリしていて前半のマッタリムードから後半への落差が激しいのも効果的で、それが悲惨な状況を際立たせていたと思います。

普通のパニック映画だったらもっと早めに何か起こりそうなもんですが一時間くらいはトラブルが発生しません。みっちり人間関係を描きつつ丁寧に状況を説明してました。ただ、キャラの掘り下げはあまりなく、主人公に焦点を当てすぎずに絶妙な距離感を保ってる感じ(娘とかはどうでもいい存在だった)。

…なのだけどイマイチ仕事内容が理解できない部分もあったりして、専門用語にも引っかかったり…。リアルな描写を求めるとそういうものも必要だったんだろうし、たぶん自分の理解力不足のためだと思いますが…。

Deepwater Horizon09

映像は大迫力で最高。爆発も噴射も炎の燃え方も好みでしたー。巨大セットを使って撮影したそうで、事故現場の様子は若干わかりにくい部分もあったけど臨場感は強く感じました。なので、炎が燃えているシーンは興奮しっぱなし。痛そうだし熱そうだし、デカいセット使ってるからか質感の説得力もありました。あと、CGも良かった。

前半の演出はわりと淡々としていて、それに対して後半は対照的な感じ。全部が全部ってことでもないと思うけど大筋は実話だと思うので、ストーリーに対してはとくに何も言うことなし。変にドラマチックになりすぎないし、脚本は良かったんじゃないかと思います。

Deepwater Horizon03

序盤の家庭風景も楽しかったです。その後に起こる事故の大まかな状況を子供が説明してくれるのが最高で、しかも子供も理解できる分かりやすさ(振ったコーラ缶に穴を開けて噴射!!)。ここの和やかムードと実際に事故が起きた際の絶望具合にギャップがあったのも良かったと思います。「これから起こることを何も知らずに…」的なアバンタイトルによくあるやつ。

暗喩的なんだけど、直球すぎてギャグにも思えるシーンでした。不要といえば不要だし削っても成立しそうな部分なんですが、個人的には好き。なんとなくサービス精神のようなものを感じたので。

Deepwater Horizon02

人災の原因となる男はBP社の管理職員ヴィドリン。安全管理を怠るクソ野郎。演じているのはジョン・マルコヴィッチでした。こういう悪い役やるとホントに悪い顔にしか見えないし、超ハマり役。すごくイイ。

過剰な描き方とは思わなかったです。けっこう自然。

掘削作業が終わる前に必要なテストの担当者を独断で帰してしまい、登場から印象はあんまり良くない…。工期の遅れを取り戻そうと確認作業を疎かにしてしまうダメ責任者。さらに、セメントの強度確認テストでは異常値が出てんのに「大丈夫だろ、たぶん」って感じで作業を進めてしまい、その結果、仕事場が全部ブッ飛ぶ大惨事に…。

ヤバい事態になってからは、ほとんど喋らず押し黙ってるのがなんかリアルで良かったです。利益のために部下の命を危険に曝しといて、いざ危険な状況に追い込まれると自分の命が一番大切!って…もう最悪。救命ボートに乗り込んでいく姿には腹立ちましたよー。

事件の後、彼は殺人罪で起訴されたそうです。スッキリしたー。

Deepwater Horizon06

で、カート・ラッセルは今回もかっこよかった。

風呂場で全裸のままブッ飛ばされて気を失うんだけど、目覚めたら視覚がダメになってて全身傷だらけ。足にはガラス片がブッ刺さってるし。それでもノソノソ服を着て立ち上がり、危機を食い止めようと奔走する超カッコイイ上司。「やることやるぞ」って感じの姿にヤラれましたー。弱音も一切吐かないし。全裸で血まみれになる状況も個人的には好きです、無防備で。

そしてマルコヴィッチと向かい合って対峙する場面がもう最高。言葉は要らないし表情だけで言わんとすることがガンガン伝わってくる感じ。二人とも名優だなーと改めて思いました。すごい。カートは7年連続で安全賞を受賞しているスゴイ男という設定なんですが、電話対応で判断ミスをしちゃったのは気が緩んでたからなのかな…。タイミングも悪かったのかも。

Deepwater Horizon12

個人的に贔屓のデブ(イーサン・サプリー)が出演してんのも嬉しかった!!マルコヴィッチにせっつかれてしょうがなく連絡を取り不安を抱えたまま作業を行い、最終的に亡くなってしまう悲しい人…。終盤までは誰が生きてて誰が死んだのかあまり分からず、最後のほうで死んでたことに気づき…少し虚しい気持ちになりました…。死にざまが見たかった!

上司に反抗できない感じとか、生命の危険が迫っている緊急事態でも「権限が無いからできない!」とか、なんだか厭な上下関係なんだけど職場で日常的に目にする光景って感じでしたねー。イヤな上司ってホントにイヤだなー。

Deepwater Horizon13

個人的に胸アツだったのは、ヒロインっぽくない女(ジーナ・ロドリゲス)が終盤になって突然ヒロイン的な立場にポジションを変える展開とか。「跳ぶか死ぬか、どちらか選べ!」みたいな究極の選択も面白かったし急にヒーロー感がグングン増していく主人公も良かった。テンション上がりましたよ。

ここは「さすがバトルシップの監督だッ!」という感じで好き。

Deepwater Horizon10

「予想できない驚きの展開」とかはこれといってないんで大筋はけっこう普通なんだけど、実話ベースの内容だしそのへんは気にもなりませんでしたねー。ラストで裁判を受ける流れになるのですが、そこは案外アッサリ描き、最後は「現在の彼らはどうなったのか?」というもの。オーソドックスで手堅い作りだったなーと思いました。泣き叫ぶ遺族に胸ぐら掴まれる主人公とか…。

ネクタイの色が施設で最悪の事態が起こったときに点灯するマゼンタの警告灯と同じ縁起の悪い色…とか暗喩的なこともいろいろやってたようです。観てる間はちっとも気づかなかったけど。

ということで良かったです。こういう人災をしっかり娯楽にしちゃうアメリカって国はやっぱりすごいなーとも思いました。邦題は、実際に観てみたら本当にオーシャンでバーニングしてるような内容だったので、良いんじゃないの!って感じ。

Deepwater Horizon07

オチは実話ベース映画のお約束、ご本人さんの写真が登場パターン。

結果的には、現場にいた126人のうち11人の方々が亡くなったそうです。爆発とか噴射の規模を考えると奇跡的なのかもしれません…。正直もっといっぱい死んでんのかと思ってたんで驚きました。

明確に死にざまを描く描写はなかったと思います。まあ、けど、状況的に人が死んでてもおかしくないのは一目瞭然だし、実際に起こった人災を描いてるんでそのあたりの配慮は必要だったのかなと…。物足りないといえば物足りない気もするけどー。うーん。

ともかく、次のピーター・バーグは『パトリオット・デイ』!楽しみ!

Deepwater Horizon05

機械の説明書は何が一番重要かって、わかりやすいこと!


↑予告


『ゴースト・イン・ザ・シェル』感想。

SF作品の金字塔『攻殻機動隊』をハリウッドで実写映画化!
個人的評価:★★★★★☆☆☆☆☆ 50点
GHOST IN THE SHELL
2017年04月07日公開/120分/アメリカ/映倫:G
原題:GHOST IN THE SHELL
監督:ルパート・サンダーズ
出演:スカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、マイケル・ピット、ピルー・アスベック、チン・ハン、ジュリエット・ビノシュ、ラザラス・ラトゥーリー、ダヌーシャ・サマル、泉原豊、タワンダ・マニーモ、ピーター・フェルディナンド、ピート・テオ、福島リラ、桃井かおり

観てきましたー(ゴーストが囁いたので)。

今回のハリウッド版を観る前に『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』を久々に見返したんですが、ドハマりしたのが十年以上前なので…けっこう忘れてる部分も多かったです。正直、あんまり詳しくはないと思います(笑)。原作は一度読んだだけっていう程度…。解説はしてません。個人的な感想。

全体的に愚痴っぽいこと書いちゃったけど後半はウトウトしてて字幕を見逃したりもしたので、たぶんいろいろ間違ってると思います…。眠たかった。

GHOST IN THE SHELL10

あらすじ

ネットに直接アクセスする電脳技術が発達すると共に、人々が自らの身体を義体化(=サイボーグ化)することを選ぶようになった近未来。脳以外は全て義体化された少佐率いるエリート捜査組織「公安9課」は、サイバー犯罪やテロ行為を取り締まるべく、日夜任務を遂行していた。そんな中、ハンカ・ロボティックス社の推し進めるサイバー技術の破壊をもくろんだテロ組織による事件を解決すべく、少佐は同僚のバトーらと共に捜査にあたるが、事件を調べていくにつれ、自分の記憶が何者かによって操作されていたことに気付く。やがて、真の自分の記憶を取り戻していく少佐は、自身の驚くべき過去と向き合うことになる。
(以上Wikipediaより)

GHOST IN THE SHELL02

感想

映像はすげえ頑張ってたと思います。「攻殻機動隊/GHOST IN THE SHELL」を実写化することに全力を注いでいた印象。けどファンも初心者も楽しむことができる作りを目指した結果、よくある大味なハリウッド映画になっちゃって画は完全に攻殻機動隊なのに肝心のゴーストが宿っていない!って感じに…。単に模倣しただけのダイジェスト版みたいな。

「コレ見たことある!!」っていうシーンの連続で再現度がやたら高いので、そこは驚かされました。オリジナルに忠実なカットが何度も何度も…。『イノセンス』や『アヴァロン』などの小ネタも充実していたので押井守リスペクトの精神は感じました。見どころはビジュアル表現だけかも…。

GHOST IN THE SHELL01

予告見て最初に思ったことは「スカジョが太い!ムチムチしすぎ!」ってことだったんですが、後半の展開で真実が明らかになっていって、最後はムリヤリ納得させられた感じです。草薙素子って言われるとすごい違和感があるけど、そもそもコイツって少佐だけどミラ・キリアンだし素子ではないんですよね(義体は)。なのに前半は素子のオマージュで再現再現再現…。なので、少し混乱させられました。「少佐」っていう役名(?)は良かったのかも。

演じてるスカーレット・ヨハンソンはもうちょい感情抑えてほしかったです。ずーっと眉間に皺寄せてムッとしてるので、そのへん少し気になりました。「私って何?」なストーリーだし、わかりやすいといえばわかりやすいけど、そこのわかりやすさはなくても伝わると思うし心理的な葛藤が表情にバンバン出ちゃうのはなんとなく違うような…。人間味がありすぎる。

あと、少佐の肉襦袢は分厚いし見た目面白すぎるし、肉々しすぎ。どうせなら普通に全裸で暴れ回ってくれたほうがもっと喜べたなー。ただの願望ですが。

GHOST IN THE SHELL06

人体破壊が激しいシーンはちゃんとやってたと思います(義体だけど)。腕が引きちぎれるシーンなんかは見応えありました。できれば首が吹っ飛ぶところも再現してほしかった…とかいう「ないものねだり」的なことはいっぱいありますが、一応は見たいもん見せてもらえた感じです。香港(?)の街並みとか光学迷彩の表現は素直にスゴイと思ったし、けっこう好き。

GHOST IN THE SHELL04

で、個人的に一番期待していたのはクゼだったんですが、いやー、盛り上がんなかった…。最大の敵みたいな扱いのわりにはアクションシーンでの見せ場がほぼないし、わざわざ登場させた必要性もそこまで感じなかったのでけっこう残念。物足りなさも感じました。地味だし、存在感もあまり感じず。

マイケル・ピット大好きなのでなんか悔しい気持ちになりましたよ…。少佐との関係性は、断定はできないし予想だけど「知ってた!」という感じ。もっと濁して表現しても良かったかもしれない、わかんないけど。

GHOST IN THE SHELL09

ぶっちゃけ後半は眠たい内容でした。暗いし。中盤からは編集の雑さも感じたりなんかして、部分部分でシーンを切り張りしているようなガチャガチャした印象も受けました…。あと、薄っぺらくて説明的でクドい。「わかりやすい」ことが本作の売り!らしいんですが、うーん、そこも微妙だった。

オマージュ以外のアクションシーンはかなり凡庸だしハッキリ言って面白くなかったです。何か斬新な見せ場がひとつくらい欲しかった気もします…。スカジョは動きにキレがないしドタドタしてるし、面白かったのはたけしの銃殺くらいかも。既存のハリウッドアクション連発って感じで、あんまり良くない。

GHOST IN THE SHELL05

たけしは何喋ってんだか分かりずらくてセリフも棒読みだし存在感ないし全然ダメだ!って思ってたんですが、終盤の銃撃戦で突然『アウトレイジ』の顔になるのが面白かったです。起用された意図も理解できたような気がします…。もう人殺す役だけ死ぬまで演じ続けてほしい。

TAKESHI IS YAKUZA!!って感じで笑った。

GHOST IN THE SHELL08

現実が原作の世界観に近づいてきているため、90年代に比べると多少は伝わりやすくなってる内容だとは思うんですが、どうしても話の古臭さは感じてしまい、やっぱりちょっと今更感ありました。ずっと言われてた実写化がようやく実現したのは嬉しかったんだけど、「攻殻機動隊/GHOST IN THE SHELL」と同じことやったからといってそれがスゴイのかというと…どうなんでしょう。脚本の改変部分に対しても驚きがないし…。「過去に何をしたのかではなく、これから何をするのかだ!」みたいなメッセージは好きでしたけどねー。

物語のテーマは2ndの「草迷宮」が元ネタだったみたいです。

アイデンティティ云々がテーマだったらもうちょっとゴーストに対して切り込んでいってほしかった気もします。尺の都合でしょうがない部分もあると思うし、娯楽SFなので哲学的な小難しさが切り落とされてしまうのは理解もできるけど、そこが攻殻機動隊の核となる一番面白いところじゃないの?とも思うので、どうなんだろう…。派手な見せ場ももちろん必要だけど。

てか、もういっそのことストーリーもオリジナルのままでよかったんじゃないの?とすら思いました、最終的に。再現だらけの内容なんだし!

GHOST IN THE SHELL07

予告を見た時点でけっこうガックリきてしまって、「一応観とくかー」程度の気持ちで鑑賞したためか「ふざけんな!」とはまったくならなかったし、想像していたよりは良かったです。もっとヒドイ映画なのかと思ってた(笑)。

個人的には、桃井かおりが登場するところが一番好きだったかも。なるほど…と納得したし、都合のよさも最高。あと、ロボゲイシャが意外と楽しかったです(ぶっ壊れ方とか)。いまだに芸者って人気あるんですかねー、海外では。

GHOST IN THE SHELL03

福島リラが演じていたことは観終わってから知りました。


↑予告


『新感染 ファイナル・エクスプレス』感想。

韓国初の(!?)ゾムビ映画!ちょー最高でした!!ゾンビ特急釜山行!!
個人的評価:★★★★★★★★★★☆ 90点
TrainToBusan
2017年夏公開/115分/韓国/映倫:G
原題:부산행
英題:TRAIN TO BUSAN
監督:ヨン・サンホ
出演:コン・ユ、マ・ドンソク、チェ・ウシク、チョン・ユミ

オチまでネタバレしちゃってるので未見の方は読まないでください!

輸入盤を自宅鑑賞。『アイ アム ア ヒーロー』の韓国版(?)みたいな噂から興味を持って観たのですが……いや、こっちのほうが全然スゴイでしょ!って感じでした(比べる必要もないですが)。とにかくメチャクチャ面白かった!またまとまりのない感想をダラダラと書いてます…。

TrainToBusan3
肉喰わせろ!な表情がとても良い。

あらすじ

普段は仕事ばかりで娘にかまってやれない主人公・ソクは、妻と別居しており疎遠状態。娘・スアンの誕生日にプレゼントをあげるものの、すでに持っているWiiを買ってきてしまう…。娘のことをちっとも見れていないダメなパパ。そんな父親に対しスアンは「母親に会いたい」とせがみます。ソクは(プレゼントに失敗した)後ろめたさからか、娘のため二人が住むソウルから釜山へと向かうことに。しかしその頃、街では感染した者を凶暴化させる謎のウイルスが蔓延し始めており、親子が乗った”釜山行き”のKTXにもひとりのゾンビ少女が乗りこんでいた…。列車の中でどんどん増殖していく感染者たち…。もはや安全な場所は釜山しかないのだ!親子は無事に生きて辿り着けるのか!?

TrainToBusan23

感想

最高。自分が今年観た新作の中では一番好きかも。全体的にずっと面白かったんですが、描写がアドレナリン全開なのでボーッと見てても楽しめると思います。意味が分からなかったりモヤモヤするようなこともなく、何も考えずとも勝手に全力で楽しませてくれるような映画です。楽でした(笑)。

ストーリー展開が面白いし演出の吸引力も凄まじくて、終始引き込まれていた感じです。ダルい場面もほぼなくずっとハラハラドキドキで、ホントに楽しくて、二時間があっという間。『釜山行き(原題)』なので「釜山に行くんだろうなあ…」とは思っていたんですが、釜山に行くんですよね、うん…。目的は釜山へ行くこと!生きて釜山へ行くこと!そこの単純さも超イイ!

個人的には結末にヤラれました。観る前はまったく予想していなかったんですが、しっかりキッチリ泣かせてくれます。お涙頂戴っぽい映画って苦手なんですけどね、オチのつけ方は…ぶっちゃけお涙頂戴だと思いましたよ~(笑)。本気で泣かしにかかってます。けど、「泣け!ほら!泣け!」っていうような観客に対しての押しつけがましさはあまり感じなかったし、まったく不快じゃないというか好きな見せ方でした。なんていうか…上手い。結末以外もすごく楽しい映画なんですが、うーん、やっぱりオチのトンネルが最高すぎて…!

TrainToBusan9

とりあえずアバンタイトルから不穏でイイ感じだし、ゾンビが登場してからはニヤニヤしちゃうことの連続。とにかく分かりやすい。あと、緩急のつけ方も上手かったと思います。映画が始まって15分くらいで列車は出発し、そこから基本的には全力疾走でノンストップな展開ですが、要所要所でしっかりとしたタメもある。しかし勢いのあるテンションはまったく緩めず、むしろガンガン加速していく感じ。乗り物パニックものとしても面白いと思います。KTX発車直前に「すでに何かが始まっている」ということを見せるのも丁寧だなあと思いました。もう褒めるシーンしか思い浮かばないくらい好きですわー。

「ちゃんと臓物見せろ!」とか「サービスおっぱいは?」とかいうゾンビ映画に求める個人的な願望もどうでもよくなりましたよ…。面白すぎて。

(なんか褒めすぎると「たいしたことなかった」とか言われそうで怖いけど)

TrainToBusan11

ぷぎゃーーー!!!!

TrainToBusan8

ゾンビは走るゾンビでした。表情に腹ペコ感があるし「喰うぞおおお!」って感じがすごく良い。みんなとにかく元気イッパイだし、なんとなく活きのいいトビウオみたいな動きしてましたよ。ちなみに、”ゾンビ”という言葉は一度も出てこなかったと思います、たぶん。

デジョン駅に群がるゾンビ軍が、もう最高で…。ガラスなんか突き破ってボンボン降ってくるし、腕がぐにゃんぐにゃんになっても食欲旺盛。軍隊ゾンビの山盛り状態も見せてくれたし画的にも楽しかったです。

人体破壊描写は控えめだったと思います。派手な血しぶきもないし、臓物引きずり出すような目を覆いたくなる残酷シーンもありません。おそらく大衆娯楽としてのゾンビ映画を製作したのだと思うので、そのへんはしょうがないのかなと思います。個人的にはそういう過激な描写があったほうが嬉しかった気もしますが、そのぶんゾンビの動きはパッキパキだし、テンポの良すぎる勢いもあって、まあ、あんまり気になりませんでした。誰にでも薦められそうな映画であり、よくできた娯楽エンタメって感じの印象が強かったです。

TrainToBusan24

パニック映画のお約束といえると思うのですが、非日常的な緊急事態に陥ったことでそれまで信じていたものが無力化してしまうところもちゃんと描かれていました。逆に、思いもよらぬものが役だったり…。そのため主人公は両腕にガムテープを巻いて死に物狂いでの戦闘に身を投じていくことになるのです。

ゾンビの設定は、分かりやすかったと思います。まず、明るい場所では視覚を頼りに動くものに攻撃してくる、それが暗闇になると視力が弱いのか音に反応してくる、という感じ。俊敏性はありますがパワーは弱めだったと思います。なので、頑張れば素手でも対抗できると。

TrainToBusan15

デジョン駅で乗客たちは一度下車することとなるのですが、軍隊がすでに壊滅しておりゾンビ軍団となっていたため、再び同じKTXに乗車します。しかし、お互いの大事な人と離れ離れになってしまう。3人が飛び乗った車両は9号車。スマホで連絡を取り合い、スアンたちが13号車の洗面所に非難したことを知るが、周りにはゾンビがうようよいて身動きが取れない。そんな彼女たちを救出するために男たちは簡易武装で立ち上がるのでしたー。

作戦の内容は、とりあえずゾンビをやっつけながら13号車に向かい、その後、ゾンビをやっつけながら安全な15号車まで逃げるというもの(超単純)。

これから闘いに向かう前の戦闘準備って映画でよく描かれると思うんですが、こういうシーンあると個人的には嬉しいんですよねー。「もうやるしかねえぞ!」みたいなピリピリした空気感が最高だし、バラバラに行動していた3人の男たちがひとつの目標に向かって協力し合っていくこの感じ…アガる。

時間がないから手元にあるものを利用して急いで武装するんですが、マ・ドンソクは素手でゾンビとやりあうんですよね、かっこよすぎました。途中、野球部の青年はゾンビになってしてしまった元野球部のチームメイトと対峙し、彼らを攻撃できない葛藤などを乗り越えて成長していきます(逃げてたけど)。

アメリカ産ゾンビ映画とは違って列車での攻防には銃が登場しません。それが作品の個性を際立たせていたような気もしました。基本的に、ゾンビは殴打でやっつけます。殴って蹴ってバットでぶっ叩く。または、見つからないように逃げる。車輌にいるゾンビをぶっ倒して次の車両へと移動していくんですが、微妙に難易度がアップしていく展開はなんとなくゲーム的で面白かったです。

TrainToBusan20

マ・ドンソクがすごく良い。スアンを助けるためにゾンビを撃退する一発目のエルボーからそうなんですが、主人公のソクとは対照的な描かれ方をしていたと思います。自分の犠牲を顧みずに他者を救う存在。ソクはデジョン駅の攻防から徐々に彼に影響されて(?)利他的な人間へと変わっていくのです。

ドンソク兄貴は妻との間に赤ちゃんを身籠っているのですが、「生まれてくる子供にまだ名前は付けてないんだよね~」という前フリがあり、そして死に際の一言に繋がるわけですが、もうね、泣く…。マ・ドンソクがマジでヤバい!超カッコイイ!ホント最高だし、好きだし、素敵だし、最高!

ゾンビになることを悟った際のこのなんとも言えない表情も素晴らしい!

The Host

ピョン・ヒボンのコレとか思い浮かびました。(『グエムル』の感涙シーン)

TrainToBusan10

「みんなで力を合わせて釜山へ行くニダ!絶対に死なないゾ!」

自分本位に他者を蹴落として生きてきた主人公が、他人を思いやれる人間へと成長していく物語だと思いました。職業はファンドマネージャーということで登場からなんとなく冷徹な雰囲気があり、見知らぬ老婆に席を譲ってあげる娘に対しても「こんな非常事態に褒められるようなことはしなくていい」と言い放ったりもする。中盤では軍の関係者に電話し、自分たちだけは隔離から逃れようとする身勝手さ。自分のことしか考えていない故の行動ですよね。

しかし、緊急事態なんだから「自分のことだけ考えてればいい」のではなく、緊急事態だから”こそ”見知らぬ他人同士が助け合わなければいけないんだ、ということにゾンビとの戦闘を経て目覚めていくのです。

TrainToBusan22

で、悪役のオッサンがすごくイイ、非常に醜いオッサンです…。本気で自分のことしか考えてない、自分さえ生き残れさえすれば他人が何人死のうが知ったこっちゃない、超絶利己主義的な男。登場した瞬間からメチャクチャ感じ悪いんですけどね、死ぬまでちゃんとクソ野郎でしたよ…。やることなすこと胸糞悪くて、生命力もゴキブリ並。死ね!死ね!

コイツさえいなければッ!ううう…泣。

「私がこんな人間なのには実は理由があって…」みたいな女々しい理由づけが最後までないのも良かったです。こういう人って現実社会にいっぱい存在しますしね。ゾンビも怖いけど結局一番怖いのは醜く愚かな人間なのでしょう…。キャラクターは皆それぞれ個性的で顔面力も素晴らしかったと思います!

TrainToBusan18

おばちゃん!顔!顔!(笑いと恐怖と感動が入り混じるシーン)

TrainToBusan7

この野球部員カップルも大好き。ゾンビになってもお幸せに~!

TrainToBusan4

浮浪者のおじさんは途中何度もみんなの足を引っ張っちゃったりもするんですけどね、最後の最後は男らしく生きる屍になっていきました…。彼の死にざまも泣きどころ。最終的に誰が生き残るんだろう?って予想をするのもパニック映画の楽しみのひとつですよねー、自分はそういうことを考える余裕すらなくひたすら映画に呑み込まれていきましたが…。

チェ・グィファ、すごくいい顔だ!

TrainToBusan13

その後、それまで乗っていた車線が塞がれていたために列車を乗り換えることになった一同。が、ゾンビに見つかっちゃってさあ大変!

『ショーン・オブ・ザ・デッド』みたいにゾンビの真似すれば助かったのでは…?なんてことも一瞬考えましたが、そんな映画オタクみたいなことは一切やりません!(てか、そういうの通用しなさそうな雰囲気)

列車に引きずられるシーンはかなりグッときましたよ。ゾンビだって団結するぜ!って感じで襲い来る大量のゾンビ軍団からは、とにかく「肉喰いたーい!人間の生肉喰いたーい!」っていう本能的な欲求がガンガン伝わってきたし、ここは震えがくるくらい良かった。ゾンビたちも頑張って生きてるんだなあ(死んでるけど)と思うと、彼らの協力プレーでうるっときそうで…。意図してやってるのかどうか分からないものもありましたが、後半は涙腺を刺激するシーンが多かったと思います。それに、瞬間的には『ワールド・ウォーZ』級のアレみたいな動きをしていたりして、かなり頑張ってました。ゾンビたちはメチャクチャ頑張ってた気がします!!

TrainToBusan12

燃え盛る列車を見て、この世の地獄みたいな心境に…。若干の終末感。

TrainToBusan6

そして、大ボス・背広のオッサンとのラストバウトへ。ソクとオッサンは取っ組み合いの死闘を繰り広げます。しかし、ソクは手の甲をオッサンに噛まれてしまいウイルス感染。オッサンは列車から振り落としたものの、このままではゾンビ化してしまい娘が危ない。そのため、人間である意識が残っているうちに娘と別れることを決意するのです…。

いつゾンビ化するか分からない状況なので時間もなく、去り際に多くも語らないのが逆にやばい…。幼い少女だし、ぎゃあぎゃあ泣き喚いて別れを拒むのもリアルだし…。ここのシーンもめちゃくちゃ良かったですよー。

序盤で「何かをするときは、何が何でも最後までやりきるんだぞ」という車内でのセリフがありましたが、父親にとってその結果がラストの行動だったんだと思います…。ゾンビのお食事パーティー映画を期待して観てみたら、最終的に描かれるのは家族愛でした。韓国スゴイわー、バイオレンスだけじゃない。そういえばこういうドラマ量産してる国でしたよね(全然見てないけど)。

TrainToBusan5

こんなのズルい…。もう、感動のゴリ押しですよー!!(良い意味で)

TrainToBusan19

そんなこんなでゾンビになった父親とは別れて、生き残ったスアンとチョン・ユミ(マ・ドンソクの嫁)はなんとか列車を運転しながら無事に釜山まで辿り着く…。しかし、トンネルの前で線路は封鎖されており、しかたなくトンネルの中を歩いて向こうまで行くことに…。このオチがすごく良い!

泣きそうになる瞬間は途中何度もあったのですが、涙腺崩壊したのはここ!

TrainToBusan16

まあ………スアンが泣きながら歌を歌うだけなんですが。(ネタバレ)

伏線っぽい伏線(前フリ的な)を序盤と中盤で見せているのですが、ボクは頭カラッポで観ていたので最後になって「あっ!ええっ!そういえば!アレか!うおおおおおお!」という状態に…。

ハッピーエンドともバッドエンドともいえない、このサジ加減がすごく良い。父親であるソクが列車を降りた時点で、個人的にはもう「ああ、終わった…」って感じで、娘はぎゃあぎゃあ泣いてるし、なんかもらい泣きしそうだったのですが、ここはなんとか我慢して(我慢する必要などまったくないが)、この話どうやって決着つけるんだろうなあと、いろいろ考えちゃったんですけど、後日談みたいな母子感動の再会シーンもなく、『アイ・アム・レジェンド』のような取って付けたようなナレーションもなく、「きっとお父さんにも歌声は届いてるはずよ…」みたいなサブいセリフもなく、ホントに良かったなあ…。ラストの切り方はすごく適切だった気がします。終わるポイントが最高。

トンネルの中をトボトボ歩いていく二人、先には軍兵が待ち構えており、上官からの射撃命令が下されるものの微かに聞こえる歌声に気づき「…人間だ!」ということで、確保ォー!確保ォー!

父親に聴かせたかった歌声で命を救われる少女。泣けるわー、もうダメ…。

TrainToBusan2

あと最後に、アバンタイトル最高。

もうここから大好きでしたー。韓国某所で謎の検問があり、業者がよそ見運転していたら鹿を轢き殺してしまう…。しかし車が走り去った後、鹿がムクッと立ち上がり、こっちを見たところでタイトル『부산행』ブゥワァーン!!!!

超カッコイイ。

コイツはすでにウイルス感染したゾンビ鹿。いきなり不穏な感じがして、もうたまらん。鹿の動きも(CG?)グネグネしていて薄気味悪かったですよー。よそ見して運転してるドライバー見てるとなんとなく事故りそうでソワソワしちゃうんですけど、気合いの入った韓国映画はだいたいちゃんと事故ってくれますよね(アレとか、アレとか…)。なのでもう冒頭から信頼できそうな映画だなあと思っちゃいましたね。音も好みだし。

Yeon Chan-heum

ヨン・サンホ監督の存在はまったく知りませんでした…。元々アニメーション出身ということで実写映画は初監督らしいのですが、「ここもっとこうすればいいのになあ…」みたいな部分もほとんどなかったし、映画としての完成度もけっこう高いような気がしました。なので次作も期待したい。とりあえず今は『ソウル・ステーション/パンデミック』が激しく観たい。本作の前日譚的な内容なんだとか…(よく知らないけど)。これも今年日本公開されるようなので楽しみ!!

邦題は”新幹線”と”新感染”をかけたオヤジギャグ的な、ダジャレですよね…。まあ、でもタイトルが何であっても面白いものは面白いし、邦題は見ただけで内容がすぐに理解できそうですし、良いと思いますよ、うん…。

TrainToBusan21

『釜山行き』の邦題が『新感染』だと知ったときの表情はこんな感じ…↑

TrainToBusan17

チョン・ユミから生まれてきたかったーーー!


↑予告




『ハードコア・ヘンリー』感想。(R15+)

全編一人称視点でガンガン敵を殺しまくるノンストップ・アクション!!
最初から最後まで抱腹絶倒の面白さ。爆笑でした。ありがとうイリヤ監督。
個人的評価:★★★★★★★★★★ 100点
HardcoreHenry
2017年04月01日公開/96分/ロシア・アメリカ/映倫:R15+
原題:HARDCORE HENRY
監督・脚本:イリヤ・ナイシュラー
出演:シャールト・コプリー、ダニーラ・コズロフスキー、ヘイリー・ベネット、ティム・ロス

<あらすじ>
ある日、死んだはずの主人公・ヘンリーは目を覚ます。目の前には妻だと名乗る一人の美女・エステル。科学者である彼女の手によって改造手術を施され、彼はサイボーグとして蘇ったのだ。だが左手足は欠損しており、声帯も壊れて会話もできない。あるのは断片的な記憶のみ。手足を複製し、それから声帯を治してもらうため手術を受けようとするのだが……そんなところへタイミング悪くエイカンからの襲撃を受けてしまう。サイコな超能力者であるエイカンの目的はエステルの研究を利用して軍隊を作ること。すぐさま二人は脱出ポッドに乗り込み地上へ逃れるものの、ヘンリーはあっさりボコられ悪の組織に妻を誘拐されてしまうのだった…。

HardcoreHenry0

先月のカナザワ映画祭にて観てきました。
いやー、もう大好きですね。超サイコー!!!!
とにかく人間がおもしろおかしく死にまくる!っていうか、ほとんどそれだけと言ってもいいぐらいの映画でした!!本当にほぼ全編バタバタと人が死んで死んで死にまくって、計200人以上殺していたようです…。しかも一度に大勢ではなく(そういうシーンも一部ありますが)極力一人一人丁寧に殺していた印象です。『キングスマン』の教会での殺戮シーンが延々90分続くような素晴らしさ。もう最高。ミッドナイト・マッドネスで上映されて観客賞を受賞したというだけあって、予想通りぶっ飛んだ映画でした。ゴア描写も気合い入りまくりで超楽しかったですし、そういうのが好きな人にはたまらない内容だと思います。個人的には大好物なのでもう最初から最後まで多幸感でいっぱいで、めちゃめちゃ感動…っていうより爆笑してしまいました。
以下、ネタバレあります!

↓予告はこんな感じ


<ヘンリーの一日のスケジュール>
見知らぬ研究所で起床。左手足の修復。

エイカンに襲撃される。脱出ポッドで飛空艇から地上へダイブ!

悪の組織にボコられる。妻を拐われる。直後、ジェリーが仲間になる。

ひたすら追手から逃亡。車に乗車。途中、衣装チェンジ。バスに乗車。

服が燃える。ヤンキーの服をパクる。怒られて逃げる。

ビルの一室へ心臓を取りに行く。

銃撃戦。その後、ド派手な追いかけっこ。

ジェリーに呼び出されてストリップへ。

裸の女たちにオッパイ揉まされる。チンコ触られる。

カーチェイス。車内でエイカンと戦闘。敗北する…。

ジェリーの研究施設で打ち合わせ。

敵のアジトに乗り込む。

白服軍団と殺し合い。エイカン殺害。

飛行機に飛び乗る。勢いよくドアを閉める!

HardcoreHenry5

・・・というようなあらすじ!

とりあえず、オープニングクレジットから好きでした。ここは暴力と人体破壊(殴打、銃殺、刺殺、爆殺)をスローモーションでゆっくりじっくり描いております。武器は、素手、銃、バット、ナイフ、ガラス瓶、手榴弾、煉瓦など。2分間ほどの長さなんですが、いきなり気持ちよかったですね。選曲も最高(「ガッカリさせんなよ…」みたいな歌詞)!

これは暴力の映画です、そして人が残酷に死にます。ということはこのオープニングからビンビン伝わってきました。映画全体で唯一ここだけは一人称視点ではありません。ほかはすべて主人公ヘンリーの視点、または記憶の映像だったと思います。目がそのままカメラになってるという感じで、画面は丸っきりFPS。皆言ってますが、ゲームをプレイしているようでした!

『HARDCORE HENRY』というタイトルロゴはバットに刻印されていました。何故バットなのかというと、ロシアでは銃よりもバットのほうが売れるため。それがロシア人の武器だから(?)。殴りやすいようにバットの長さは通常の三分の二程度なんだとか…。つまりロシア人にとってバットは野球をやるためにあるのではなく、人をブン殴るために存在するのだ!(よく知らんですが)

HardcoreHenry4

ストーリーはシンプルです。拐われてしまった妻を取り戻すためにヘンリーが悪の軍団に戦いを挑んでいくというもの。その道中でほとんど絶え間なく敵の襲撃をこれでもかと喰らい続け、そのたびにヘンリーの超人的ウルトラ暴力が炸裂!そして容赦なく皆殺し!手加減が一切なくて痛快でした!

グロをまざまざと見せつけるようなシーンは、そんなに大量にはなかったはずです(笑)。基本的にぶっ殺したら即座に移動!みたいなスタイルなので。

そして、強烈に面白かったのがシャールト・コプリー(『第9地区』でエビになっちゃうアイツ)が演じる相棒のジェリーでした。彼はヘンリーをサポートしてくれる存在なのですが、途中まで、正直わけがわからない。彼はいきなり現れて、ヘンリーに重要な情報を与えてくれます。が、敵との攻防によって、いきなり死ぬ!それも何度も!何人も!!!!!

・・・え、どういうこと!?と疑問に思いつつも過激なアクションで話はガンガン進み、ジェリーは服装を変えて再登場、そんでアッサリ死んだりする…。姿形はどう見てもシャールト・コプリー。服装はビジネスマン、浮浪者、パンクロッカー、薬中…など様々で、しかし全員がジェリー。つまり同時に複数人存在するキャラクターなんですよね。SF好きな人ならたぶんすぐ気づくんだと思いますが、後半で明らかになるのは彼がクローンだということでした。

HardcoreHenry9

ヘンリーが窮地に追いやられてヤバい状況に陥っているところ、仲間が現れた…と思ったら次の瞬間には死んでいる。そんなシーンの連続でした。

ジェリーの死の突発性がとにかくサイコーだと思いました。恐怖感はあんまりないですが、ビックリします。そんで笑っちゃいます。シャールト・コプリーはメインの俳優ですし序盤で死ぬことはまずありえないと思っていたところに突然の銃殺、マジかよ…と思っていると、そのすぐ後に浮浪者ファッションで登場するんだから、「え?え?え?え?」状態。かと思ったらソイツも残酷にファイヤー(ここ爆笑)!!シャールト・コプリー七変化がこの映画の見どころのひとつになっていると思います。キャラによって人格も演じ分けていて、強烈にぶっ飛んだヤツも何人か…。ボクのお気に入りコプリーは腹にタトゥーを入れたアイツです…。

HardcoreHenry1

個人的にはこの映画、大爆笑映画だと思いました。決してコメディではないのですが、笑いの要素も多かったと思います。とくに目立っていたのは音楽ですね。序盤から音の止めがギャグになっていたりして、めちゃくちゃ笑えます。それから選曲のセンスが抜群で面白すぎました。中でもやっぱり終盤に繰り広げられる大殺戮シーンでのQueenですね。『Don't Stop Me Now』最高だッ!これには本気で大爆笑!もう素晴らしすぎて、おなか痛かったですよ…。


今は俺を止めてくれるな、こんなに楽しんでいるんだから

最高に楽しいよ

今は俺を止めてくれるな

君も楽しみたいのなら俺に連絡してくれよ

今は俺を止めてくれるな、こんなに楽しんでいるんだから

今は俺を止めてくれるな、そうさこんなに楽しんでいる

止められるのは絶対に嫌だよ


血みどろの殺戮シーンで大暴れしながら、この歌詞なので…さすがに笑う。
ストレートで潔い演出には好感しかありません。最高です。

HardcoreHenry11

ほかにも爆笑シーンはたくさんありました。

まず、中盤の見せ場である風俗店。裸の美女の楽園です。ここも笑いを堪えきれない面白さ。というかただ好きなだけです。大好きなだけ。興奮するだけ。ヘンリーはここで裸の美女たちに胸を開かれ、電池交換してもらいます。その際に一瞬画面が暗転し、目が覚めるとなぜか女たちから軽めに愛撫されている(爆笑)。さらに「きもちよくしてあげる」という流れになって…。もう本当に最高です。ただ、エロい女がエロいことしてくれようとしたところにコプリーの邪魔が入っちゃうんですよねー。欲をいうとせっかくPOVなんだからヘンリーが本番に及んでくれていればなぁ…と思わないこともないですが、ここは本当に好き。暴力を少しの間休憩してエロにどっぷり浸かれる問答無用に喜ぶべきシーンでした。ちなみに、この現場でも人はいっぱい死にますが。

あと、これべつに意図してやってるわけではないと思いますが、ヘンリーって耳は聞こえるけど会話はできないんですよね。なので、相手への返答へが「首を振る」「頷く」という行為になってしまうわけなんです。そのため、カメラが上下にコクコク揺れたり、左右に振られたりするんですけど、ここのシーンは「AVで何回も見たことある光景」なんですよ。ってか、全編一人称視点ってアダルト方面ですでにやられてんじゃないのかな、なんかそんなようなの見た気がするぞ!…と超どうでもいいことなどを考えつつ、面白かったですねー。

それから、銃…銃…と思ってタンスの引き出し開けたらバイブレーション!だとか、女の乳を揉んだら妻の想い出が甦る!だとか、飼い主のちぎれた腕を引きずる小犬!だとか、おもしろヤンキーに絡まれる!だとか、ライターを借りパクされる!だとか、もう面白いことだらけ。クスクス笑っちゃう描写の釣瓶打ち。製作側も楽しんで作ってたんじゃないかな…と思いました。遊びみたいな小ネタも充実していたと思います。

ヘンリーが事故ったり地面に落ちたりするたびに傍にいた一般市民が「大丈夫ですか?」と寄ってくるのも、ちょっと面白かったです。イリヤ監督、きっと良い人なんだろうな…。

HardcoreHenry10

で、文句なしの残酷表現!!ありがとう!!サイコー!!

ほとんどの敵はFPSらしく銃で殺されてしまうんですが、残酷!!って感じの面白い死に方もいっぱいありました。個人的には殺した後に胸をバッカァーッと開くところなんかウゲ~って感じだし笑っちゃいましたね。あと、心臓を取り出しちゃったり…。もうなんていうか、全編血まみれでしたよ。ですが陰惨な感じはしなかったです。ヘンリーが殺す相手は全員悪人だし、ほとんど正当防衛みたいなもんだし。通行人も死んでたっぽいですけど、死体は映っていなかったはず(たぶん)!暗いイメージはあんまりない映画でした。

最も見応えのあったシーンは、やっぱり屋上での白服軍団との大混戦ですね。なんだかんだ言ってここが一番盛り上がるしテンション上がります。もう楽しくて楽しくて…。パーティー感も異常。音楽も超アガる。死に方は多種多様でバリエーションに富んでたと思います。刺し殺したり、屋上から突き落としたり、電流で感電させたり、両腕へし折ったり、燃やしちゃったり、送風機に突っ込んだり、コンクリで擦り殺したり…ほとんど死にざま博覧会。そして敵はゾンビのようでした。何が最高って、ノンストップでガンガン殺していくスピード感ですよね。これがすごく気持ち良かったです。それから、建物内からの銃撃なんてまさにFPSですし、ちゃんと大爆発もあり、思いついたことは全部やっちゃっていたような印象です。

アドレナリンの使い方もマンガみたいで最高!!!!

ラスボスであるエイカンとの死闘はかっこよかったし、大迫力でした。
念動力描写は『AKIRA』で『クロニクル』って感じ!
そんで、ここの殺害が凄まじい!
いやー、もう、ウルトラバイオレンス!!!!
死に方おもしろすぎ!!!!
顔チョンパ(?)なんでしょうか、名称わかりませんが(笑)。
殺害に使う手段というか、道具が、めちゃくちゃ好きでしたね。一瞬どういう状況なのか理解するのにちょっと時間かかりましたが、アレを巻きつけてアレでアレするなんて……。とにかくすごい!そこまでに何度かスプリットスクリーンの境界が曖昧なやつみたいな画面が登場するんですが、これはつまりそのまま右目と左目の視界を映しているわけで、そのため、ラストのエイカン殺害描写は、説明難しいですが、うーん、目玉が飛び出ます…。とにかく、すごく面白かったですよ。ビックリしましたし。そして、なるほどなぁ、と。

下に貼ってある動画で殺害シーンは見れちゃうので、よかったらどうぞ。

HardcoreHenry2

「ぎゃあああああああ、指、裂けた!」

HardcoreHenry3

「あがががが・・・」

HardcoreHenry8
Mr.オレンジことティム・ロスも出てましたよ!

最後に、観終わった人が全員感じることだと思うのが、「画面揺れすぎだよ!ガチャガチャしてんじゃねえ!」ってことですね。

…これは…うん…その通り。激揺れです。

正直、大画面爆音上映を最前席で観ていたら途中気分が悪くなる瞬間もあり、うーん……そこの批判はしょうがないのかなと思いました。が、優先すべきはこのスピード感&テンションMAXなノリだったんじゃないでしょうか!

【ファースト・パーソン・アクションムービー】ってジャンルとしては、一応世界初の作品だそうです。しかし米での評価は賛否両論、というかぶっ叩かれてる印象が強いですね。「クソゲーみたいな映画だ」とか言われてるし…。

けど、個人的にはそんなの関係なくめちゃくちゃ面白かったんで100点満点。もう大好きすぎて…。修羅場みたいなシーンで裸の女がぶっ飛んできたりと、男の欲望に正直な描写が多いのも好感度大でした。二丁拳銃!おっぱい!カーチェイス!念動力!目ん玉びよ~ん!とか、要素だけを書きだすと、なんだか中学生男子の夢みたいな内容で、にも関わらず映像は(賛否ありますが)超絶かっこよかった…。「ヘンリー、殺っちまえ!!」と叫びだしたくなるラストの大オチも気分爽快。なので、感想はこんな感じ。

邦題の『ハードコア』は、検索しづらい!としか…。


殺害シーンがすべて見れちゃうキルカウント動画


本作の元となったロシアのロックバンドのPV

記事検索
管理人
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ